IRCの仕組み

IRCについて詳しくに解説しているページは他にもあるので、ここでは最低限の説明にとどめます。

IRCの正式名称はインターネット・リレー・チャット(Internet Relay Chat)です。世界中に張られたIRCサーバのネットワークを利用し、世界中の人々とリアルタイムで会話ができるようになっています。

IRCを利用するためのサーバは、日本はもちろん、世界各地で設置されています。IRCサーバは互いにリンクされ、広大なIRCネットワークを形成しています。ただし、すべてのサーバが一つの大きなネットワークで結ばれているわけではなく、中には他のサーバとリンクしていない単独サーバもあります。日本で最も有名なIRCネットワークは、IRCnetと呼ばれるものです。

ユーザーはこのサーバにつなぐためのソフト(クライアントとか言いますが、とっつきにくい用語なのでとりあえずここでは「ソフト」と呼びます)を使用して、IRCサーバに接続します。言葉にすると難しいですが、要するにIEやネスケを起動してページを開くのと似たようなものです。

IRCサーバに接続することで、同じサーバに接続している人だけでなく、同じIRCネットワークに属する他のサーバに接続している人とも会話ができます。このため、非常に多くの人とIRCを経由して繋がることができるのです。

実際の会話は、チャンネルと呼ばれる会話の場で行います。このチャンネルは誰でも簡単に作ることができます。チャンネルによって、メンバーや話題はさまざまです。また複数のチャンネルに同時に参加することもできます。チャンネルでの会話のほかに、特定の人と一対一で話すことも可能です。

もっと詳しい説明が見たい方は、リンク集にあるページなどを見ていただけたらと思います。
読んでも良くわからなかった方も、この先の具体的な解説に従って実際にIRCを利用してみれば、わかるようになるかと思われます。


よくある質問

IRCってどうやってやるんですか?

IRCの利用に料金はかかりますか?

ICQとはどう違うのですか?

WindowsとMacなど、違う機種間でチャットできますか?

違うソフト(クライアント)同士でもチャットできますか?

初心者でも使えますか?

海外の人と日本語でチャットすることはできますか?


体験編に進む

IRC普及委員会 HOMEへ