体験!IRC(ソフト入手編)

UNIX用/UNIX向けに開発されたもの

irchat.el(2.6jp)
emacs上で動くelispプログラム。UNIX用IRCソフトの中では,日本では一番の普及率と思われます。ちなみに、irchat.elはemacsやmuleが動かせるOSなら使用できるので、WindowsやOS/2などでの使用も可能です。

現在では、以下の2種類の改造版のほうが広く使用されているようです。
irchat-PJ(simmさんによる)
Liece(Daiki Ueno(koyuki)さんによる)

IRCat Lite
Macintosh用ソフトのところにあるIRCatのUNIX版。X11用、gtk+-1.1.xがインストールされている環境で動作します。

UNIX向けのクライアントは、上記以外にも海外で開発されたものが多数あるようです。

OPENSTEP用

IRCStep(0.701)
Mac OS X(Cocoa環境)やWebObjects環境のNTでも動きます。複数のサーバへのシームレスな接続が可能で、ウィンドウ数や表示するチャンネル数が柔軟に変更できます。AoVAさんによるフリーウェアです。

なお、NEXTSTEP用には、IRC.appというクライアントも存在します。

OS/2用

PMirc(1.10J)
OS/2専用で日本語対応している唯一のソフトです。 なお、OS/2では、ほかにTakIRCなどの16ビットWindowsソフトや、mule for OS/2上でirchat.elも使用できます。

Windows CE用

ちゃっとCE(2.2.4)
CE用だからといってあなどることなかれ。IRCをするのに十分な機能も備わっており、また初心者も安心して使えます。砕木 輪さんによるフリーウェアです。

Zaurus用

ざうちゃっ(ver1.5)
「と」はなくて正しい模様。Ozeさんによるフリーウェアです。

Windows 3.1以前用

TakIRC16(0.87)
TakIRCの16bit版です。複数サーバ接続、日本語のインターフェイスなど、機能はWin95用のものとほぼ同一です。


解凍またはインストールが完了したら次は設定です。


ソフト導入関連のよくある質問

どのソフトをダウンロードすればよいかわかりません。

ダウンロードしたファイルがどこにあるかわかりません。

解凍の仕方がわかりません。

インストールの仕方がわかりません。


接続編へ

IRC普及委員会HOMEへ